What is "teacher Identity"?

​「教師観」とは

教師観とは

What is ”Teacher Identity”?

​はじめに

Introduction

教師観(Teacher Identity)とは、「教師」という職業に対してもつ特定の価値観や信念のことです。Teachers of Japanでは文化的、または国家的な固定観念から来る教師観ではなく、「あなた」がどのような教師観を持っているかに注目しています。

あなたが「教師」だと思う要素は何でしょうか。

見つけられたその「要素」があなたの教師としてのアイデンティティです。

教師観(Teaher Identity)は複数のアイデンティティが混在していることが一般的で、ひつとは限りません。また、アイデンティティは人によって影響を受けてきた場所や時間、環境によって異なります。

​どのような教育的価値観でも「あなた」が自分の経験から「大切だ」と思うものが「あなたの教育観(Teacher Identity) なのです。

教師観の危機

Teacher Identity at Stake

背景

​Background

自分自身について理解をしていることは、教師にとって大切な資質のひとつです。

 

しかし、多忙な教育現場では教師としての自分の価値観を考える前に、目の前の業務をこなしていくことに時間も労力も取られてしまいがちです。

教師観(Teacher Identity)は、教師としてのポジティブな経験に基づいて形成されることが多いと言われています。成功体験が多ければ多いほど、その価値観は高まっていくことが期待されます。しかし、逆に言えば、自分の教育的価値観と異なる業務が多ければ多いほど自分の教師観が見失われがちになるということです。

日本の教師は、国際的にみても授業時間に避ける時間の割合は低く、その業務内容は多岐に渡っています。日本の「空気を読む」文化では教師たりとも「わたし」らしさを考えることは必要とされてこなかった視点かもしれません。

「なぜ今の教育活動のあり方を選ぶのか」「どのような教育的価値観を生徒に伝えているか」という問いほど重要なものはないでしょう。あなたも、一度、今まで駆け抜けてきた教員人生を振り返り、少し立ち止まって考えて見てはいかがでしょうか。

教育は日本だけでなく、世界中で大きく変わろうとしています。教育現場を支えるのは私たち教員です。

教育が変わるならば、教師も変わらなければなりません。

あなたは、教師として現場でどのような変化をもたらしたいですか。

そしてどのような価値観をを伝え続けていきたいですか。

ぜひ、Teachers of Japanで聞かせてください。

教師観というエンパワーメント

Teacher Identity as Empowerment

なぜ必要か

Why Teacher Identity?

自分の教師観(Teacher Identity)と向き合う作業は時には時間がかかる作業です。

本当は見たくなかった自分の側面を見たり、反省したりすることもあるかもしれません。

しかし、それと同じぐらい自分の情熱に気が付いたり、大事にしていた記憶や価値観を再認識する機会にもなります。

 

「何のために教育をしているのか」また「どのような教育的価値観を生徒へ伝えたいと思っているのか」という問いへの答えは時代とともに、また自分の成長とともに変化しています。

教師観(Teacher Identity) を発見する作業は自分との対話です。誰に認めてもらうものでもありません。ひとつでも自分の教師観(Teacher Identity)を明確に自分の言葉で語ることができるようになることで、あたなは自分がどのような教師であるかを以前よりもはっきりと認識し、その目標に向かって日々の教育活動に取り組むことができるようになるでしょう。

困った時は、Teachers of Japan に協力いただいた先生方のストーリーをぜひお読みください。他の先生方の価値観を知ることは「あなた」が自分の教師観(Teacher Identity) を見つけるのに役立つはずです。

そして、実感してください。

教育現場を支えるあなたの教師としての魅力を、影響力を、そして喜びを。

日本の教育を支えているのは「あなた」なのですから。